明日が、笑顔になる空間を。 | 株式会社スペース:商空間創造企業明日が、笑顔になる空間を。 | 株式会社スペース:商空間創造企業

明日が、笑顔になる空間を。

私たちの仕事は、ただ店舗をつくることではありません。
店舗のオーナーも、そこに訪れた人も、そしてその周囲の人たちも、
誰もが「笑顔」になる明日を迎えられるような空間をつくりたい。
そんな想いを持ちながら、ずっと空間と向きあい続けてきた
私たちのプロジェクトをご紹介します。

Project

Ario Yao

街を愛する人たちとつくる、
街に愛される商業施設。

これからの時代の商業施設のあり方とは。その答えは、決して一つではありません。暮らしている土地を愛し、誇りをもつ人たちの声に耳を傾けて、はじめて本当に地域に求められる場所ができるはず。そんな想いを起点に、地元の伝統工芸職人や、街に根づいたNPOの方々とともに取り組んだ施設づくりが始まりました。

Project :アリオ八尾

Fruits Park

産学連携」の力で、
地域の想いを実らせる。

施設の魅力づくりを、地域の人たちの力で実現したい。そんな想いから、名古屋市みどりの協会様と金城学院大学がタッグを組み、スペースは地域に根づいた企業として、プロジェクトのサポートを行いました。「産」と「学」の2つの視点で目指したのは、名古屋の人々にずっと愛される空間づくりです。

Project :名古屋市東谷山フルーツパーク

tonarie

街と人々の暮らしが
繋がる場所へ。

少子高齢化が進み人口が減る中で、日本中の商業施設のあるべき姿が、いま改めて問われています。ただ物を売り買いするためだけの商業施設ではなく、土地の暮らしに根づき、そこで生活する人たちから本当に求められる場所を目指して「トナリエ大和高田」プロジェクトは始まりました。

Project :トナリエ大和高田